コルピ・フェデリコ

1969年   

イタリア・ヴェニス生まれ

 

1980年   

ヨーロッパ初のアニメ同人誌創刊

1990年   

東京移住。大学に通う傍、(株)日本アニメーションで翻訳のアルバイト

 

1991年   

ヨーロッパ初の日本漫画・アニメ専門誌で版権と翻訳を担当。欧米人として初めて集英社、角川書店、徳間書店等から漫画の翻訳出版権やアニメのビデオ化・放映権を取得。イタリアでは「北斗の拳」、「聖闘士星矢」など、フランスでは「ドラゴンボール」が大ヒット

1994年   

永井豪のダイナミック企画(株)で海外事業の立ち上げを担当。ヨーロッパとアジア各地でダイナミック・ブランドの現地法人を設立し、「新世紀エヴァンゲリオン」、「カウボーイビバップ」、「機動戦士ガンダム」など200タイトル以上のローカライズ、マーケティング、ライセンシングを手がける

1996〜99年 

バンダイ(後にメディアワークス)の月刊誌や(株)角川書店の季刊誌でコラム執筆

 


1998年   

NHKが『ハローニッポン-われら地球人-日本のアニメを救え!~コルピ・フェデリコ』  [密着取材番組]を制作・放送

2001年   

ダイナミック企画が海外事業部を分社化、丸紅グループとの合弁で(株)ディー・ワールド設立、代表取締役社長に就任

2002年   

丸紅のアニメ事業からの撤退を受け、(株)ディー・ビジュアルを設立し、ディー・ワールドの全事業を引き継ぐ

2007年   

野村萬斎氏、津島佑子氏、牧阿佐美氏、山下泰裕氏、 茂木友三郎氏、太田伸之氏等、各界の著名人と共に国際交流基金・文化芸術交流事業諮問委員会委員に就任


2008年   

文部科学省発行 『ヨーロッパにおける著作権侵害対策ハンドブック (イタリア共和国編)』 共同著者

2012年   

CG映像制作事業を設立、以降は『シン・ゴジラ』、『GARO』、『モンスターストライク』など多くの作品の映像制作に関わる

2017年           

台北で d/art taipei という、アニメや漫画文化に特化したギャラリーやショップを開店

スタジオジブリ発行『熱風』にてコラムを執筆

 

2018年          

バンコクで世界初のスタジオジブリ公認トトロ・レストラン「May's Garden House Restaurant」を開店

dart_gray.png

© 1990 | 2020 d/visual inc.. all rights reserved.